目で見て確認できる

家の模型と間取り

いざ一戸建てを購入する場合、大きく分けて2つの選択肢があります。
一つが新築に住むか中古住宅に住むかという点です。
そこで、新築に住みたい場合、今度は注文住宅か建売住宅かという選択肢が出てきます。
では注文住宅と建売住宅はどちらがいいでしょうか。
まず、注文住宅は自分でプランニングした家に住めるというメリットがあります。
この時別途土地を購入する必要がありますが、その土地の広さによって庭をどのくらいにするか、車は何台止められるようにするかなどのプランを法律の範囲内で決めることができるのです。
注文住宅は個性的に仕上げることが出来、買主にとって大きな満足度があるのです。
これに対して建売住宅は個性的な家であることは少なく万人受けする無難な家であることが多いのです。
また、価格も安く、お財布に優しい点で人気があります。

住宅を購入するということはそこに生活の基盤を置くということです。
それゆえ、住宅は人生の中で一番重要で大きな買い物と言っても過言ではありません。
住宅を建てる(買う)に当たり、地震などの災害時に備えて耐震検査のサービスがあります。
建てた家に瑕疵(表からは見えない傷)があり、そのせいでいざ災害の時に壊れてしまってはそこに住む住人に多大なる被害が及ぶからです。
このサービスは注文住宅だけにあると思われるかもしれませんが、建売住宅にもあることが多いです。
それ以外のサービスは、カーテンを一式無料で取り付けて売れたり、トイレに棚を付けてくれたり、大型の薄型テレビを1台プレゼントしてくれたりとその工務店やハウスメーカーによってサービスが異なってきます。
どのようなサービスがあるか事前に聞いてみても良いでしょう。